自分で動画制作を簡単に行う方法はある?

プロ顔負け?初心者から始める動画編集

動画制作の流れを知る

フリーウェア・シェアウェア合わせると動画編集ソフトはかなりの数になります。その中から自分にあったものを探すにはどうすれば良いのでしょうか? 基本的な機能や、動画制作をする際に覚えておきたいポイントについて説明していますので、参考にして見て下さい。

おすすめリンク

映像制作どこに頼む?

映像も娯楽性の高いものやドキュメンタリーまで様々。映像制作会社の得意分野を知り依頼するのが大切です。

たくさんあるソフトからどれを選ぶ?

始めて動画制作をするアナタ、いきなりソフトを起動していませんか?それが間違った方法とは言えませんが、制作するにあたって流れを知っておかないと無駄な時間を取られてしまったり、うまくまとまらず途中で投げ出してしまったりする事もあります。
動画制作する際、まず一番始めのステップは構成です。構成は一見地味な作業ですので軽んじられる事もありますが、構成がしっかりしている動画、そうでない動画はクオリティが全く異なります。誰に・なぜ・何を伝えるのかを漠然としたイメージでもよいのでメモに控えましょう。その上で、動画撮影の場所や時間帯、日取りを細かく考えていきます。
その際に制作した動画を見た人がどんな事を感じてほしいのか?という事まで明確に出来ると良いでしょう。
構成が決まったらさっそく撮影です。スマホのカメラも高性能ですが、ホワイトバランスや絞りの部分を考えるとカメラが良いです。カメラとモデルだけではなく動画の雰囲気を演出する小道具や機材もこのステップで用意します。
実際に撮影した動画を編集するのですが、映像・音声の修正やレイヤー処理、効果的なエフェクトをかけて撮影した動画をレベルアップさせます。
出来上がった動画を公開しすべての工程は終了です。特に動画制作に関しては、更にステップを細分化出来ますし、こだわりのある方だと1本の動画を作る為に2~3ヶ月もの時間をかけて、納得のいく作品に仕上げています。今回は動画制作にスポットを当てて紹介していきます。

センスを磨くにはどうすればいい?

ネットに公開されている動画を見ていると洗練されたもの、そうでないものが無数アップロードされています。独特の雰囲気やセンスを持つにはどうすれば良いのでしょうか? また出来る限り高いクオリティの動画制作をする為に必要なステップやポイントを説明しています。

やっぱりやる気が一番

毎日のように動画制作をしていると自然に技術が上がるのは当然の事です。しかしそれは並大抵の事ではありませんし、やる気がないと継続する事は出来ません。 また動画制作をする為に必要なマインドや心構えについて説明していますので、特に初心者は必見です。